専門学校に行って、俳優を目指そう

俳優にとってちょい役とは

俳優にとってちょい役とは

テレビドラマや映画のちょい役とは、見ている方からするとそれほど気にならないものですが、俳優にとっては非常に重要な仕事です。
ドラマの配役は、だいたいが大きな事務所の意向や、ドラマのスポンサーとなっている企業の意向などによって決定されます。
その時々の旬があり、主要な役は特に、非常に狭き門となります。
一方で、ちょい役は監督やプロデューサーなど、作り手の意向が反映されやすいポジションです。
その為、演技力の卓越した実力派を配して作品を面白くしたり、売り出し中の若手俳優を使うことで経験を積ませたりといった役割を果たします。
ちょい役とは言えテレビで放送され、多くの人の目に触れますので、知名度を上げたり、実力が認められる為の、大きなきっかけとなります。
今では主役を演じる様な俳優が、数年前のドラマにほんの数シーンしか出てこないようなちょい役で出演していた映像などは、常に話題の的です。
そのような小さな仕事も、俳優のキャリアにとってはとても大きな意味があるのです。

芸能人と繋がりを持てば俳優になれることも

社会人として働いていると、会社の業務内容によっては、CMの仕事や取材などで、意外なところから芸能人と繋がりが出来ることがあります。

仕事で出会った俳優や女優などの芸能人と、一緒に飲みにいく関係になるまでの関係になるのは難しいかも知れませんが、顔見知りになると、サインをもらえたり、ライブのチケットを安く譲ってもらえるなどの特典を得られることもあるようです。

人脈の繋がり次第では、自らが俳優になれる可能性もあるので、もし芸能界に憧れている場合は、そのようなチャンスがあったら、逃さないようにしたいですね。

芸能界に関係する仕事をしていないので、芸能人と繋がりを持つ方法がわからないというなら、思い切って養成所に入会するようにしましょう。

サラリーマンなどの仕事をしながら、養成所に通って、学んでいる人は多くいます。

興味がある方は資料を取り寄せたり、実際に訪問して、どんなレッスンをしているのかを見学してから、入るかどうかを決めるようにしてください。